COCKPIT.

一瞬で走り去る。しかし一瞬で目に焼きつく。

「使いこなせない高性能は、結果として低性能と同じこと」。という思想はレーシングカーの世界では常識です。そして、もちろん、Mもその例外に漏れません。人間工学に基づいて設計され、Mのエンブレムが随所に刻まれたコックピット空間と、駆動力や制御力を巧みに操る電子制御システムに、惜しみないこだわりと技術を注いています。Mのドライバーズシートに身を委ねた瞬間から、あたかもクルマの一部になったかのような一体感を覚えます。その先には、意のままのドライビング体験と、息をのむ強烈な走りの世界が待っているのです。

M マルチファンクション・シート

高いサイド・サポートを備えるオプション装備の M マルチファンクション・シートを見れば、ワインディング・ロードを探しに走りへと駆り立てられるに違いありません。 シート一体型ヘッドレストに施された “M” のエンボス加工がひときわ際立つレザー・シートは、レーシング・マシンのようなフィーリングを漂わせています。極めてダイナミックな走りでも、深い着座ポジションと、バケット・スタイルで常にしっかりと身体をホールドします。電動フロント・シートの機能に加え、ランバー・サポート、サイ・サポート、バックレスト上部の角度とバックレストの幅が電動で調節できることでロング・クルーズからサーキットまで幅広いニーズに対応します。

マルチファンクション M スポーツ・レザー・ステアリング・ホイール

Mカラーのステッチを施した、エレガントな形状のマルチファンクション M スポーツ・レザー・ステアリング・ホイールは、デザインの美しさだけでなく優れた操作性で性格無比なステアリング操作を可能にします。手に馴染む上質なレザーと、人間工学に基づいたデザインのグリップを握り、シフト・パドルを指先で操作すれば、ステアリング・ホイールから手を離すことなく素早くシフト・チェンジを行うことができます。様々な設定ができるM Driveは様々なファンクションをボタン一つで呼び出だしが可能です。

M サーボトロニック(車速感応式パワー・ステアリング)

M サーボトロニック(車速感応式パワー・ステアリング)は、車速に応じてパワー・ステアリングのアシスト量を可変制御するシステム。例えば高速走行時には、よりダイレクトで精確なステアリング・レスポンスに。駐車時や低速走行時、狭い道やワインディング・ロードを走る際には、取り回しのしやすいアシストに変化します。コントロール・ユニットは常に速度をモニター、走行状況に合わせ必要なパワー・ステアリングのアシスト量を決定します。パワー・ステアリングのアシスト量は、電子制御で精密に調節されるため、エンジン回転数に依存する一般的なサーボトロニックよりも精確な制御になります。

7速 M DCT DRIVELOGIC(ダブル・クラッチ・トランスミッション)

7速 M DCT Drivelogic(ダブル・クラッチ・トランスミッション)は、M モデルの高回転型エンジン専用に設計された革新的なダブル・クラッチ・システム。2組のトランス・ミッション・ユニットを合わせた構造により、エンジン・パワーを途切れさせることなく、息を呑むほどの推進力をリヤ・ホイールに伝えることが可能です。極限のダイナミック・ドライビングが体感できるローンチ・コントロールをはじめ、エンジン・オート・スタート/ストップなどの機能も搭載。M DCT Drivelogicはドライビング・エクスペリエンス・コントロール・スイッチによって、3種類のシフト・プログラムから、ドライビング・スタイルに合わせて好みのシフト特性を選択できます。純粋なスポーツ・ドライビングの愉悦も、優雅にクルージングする歓びも、思いのままに。

M Drive

M Drive は快適なロング・クルーズからコンマを削るサーキット走行まで、ドライバーの好みに合わせた、さまざまなロジックの設定が可能です。DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)のモード設定、エンジン・レスポンス、ダイナミック・ダンピング・コントロール、ステアリング特性、トランスミッションをそれぞれ独立して調整することができます。このドライバーの好みに合わせて設定された走行モードは、M 専用 マルチファンクション・ステアリング・ホイールに配置された2 つの M Drive ボタンを押すだけで、簡単に呼び出すことができます。

  • *:車種により仕様が異なりますのでご注意ください。
  • *:画像は日本仕様とは一部異なる場合がございます。また、一部オプション装備を含んでいる場合もございます。
  • *:一部、画像に日本では導入されていないパーツが装着されている場合がございます。