SUPER GTRound 8 MOTEGI GT GRAND FINAL

SUPER GT 第8戦 MOTEGI GT GRAND FINAL。
タイヤ無交換作戦で最終戦に挑んだBMW M6 GT3。

高速コーナーが得意のBMW M6 GT3で
ツインリンクもてぎをいかに攻めるか。

2017年シーズンを締め括る第8戦は、最終戦らしく初冬の寒さを感じさせるコンディション。練習走行では、まずヨルグ・ミューラー選手がコースインし、No.7 Studie BMW M6のセットアップを担当。続いてステアリングを握った荒 聖治選手が、セッション終了までマシンセットアップとタイヤ確認を行いました。

タイヤのウォームアップを重視し公式予選Q2に進出。

快晴の下、公式予選Q1がスタート。荒 聖治選手は、タイヤのウォームアップを重視し、アウトラップ後4周にわたりタイヤを暖め、計測5周目にアタック開始。この時点で7番手の1分47秒729を記録。Q2進出が確実と読んだチームは、タイヤ温存のためにアタックを終了しました。
公式予選Q2はヨルグ・ミューラー選手が担当。計測4周目にアタックを開始し、1分47秒838を記録。11番手ポジションで予選を終えました。
No.55 ARTA BMW M6 GT3は、ショーン・ウォーキンショー選手が7番手で公式予選Q1を突破。高木 真一選手が担当した公式予選Q2は、惜しくもポールは逃したが2番手フロントローを獲得しました。

決勝に向けしっかり作戦を考えたい。

ヨルグ・ミューラー選手
「BMW M6 GT3は高速コーナーが得意だから、このサーキットはマシンにあってないんだ。とは言え、硬めのタイヤを使って予選を走り、良い順位に着けることができた。その点では、明日の決勝に向けて満足しているよ」

荒 聖治選手
「正直、Q1が突破できるか心配しましたが、バランス良くタイヤを暖め、ベストなアタックでQ2につなげることができて満足しています。明日の決勝を楽しみにしています」

鈴木 康昭チーム監督
「11位という結果より、上位4台とのタイム差の大きさが気になる予選でした。明日のレースに関しては、かなりの冒険をしないと勝負にならないと感じましたので、決勝に向けしっかり作戦を考える必要があると思います」

エンジンストールに見舞われたが
タイヤを労わりながら13位完走。

11月12日(日)、最終戦決勝。No.7 Studie BMW M6は荒選手のドライブで11番手からスタート。しかし、レースラップのペースは良いものの先行するマシンに前を塞がれ膠着状態に。チームは、この状況を打開すべく、ピットインのタイミングの変更とタイヤ無交換を決断しました。
ところが、ヨルグ・ミューラー選手に交代したNo.7 Studie BMW M6は、リスタートから20m走った時点でエンジンがストール。再始動はできたものの、タイヤ無交換で築いたマージンを全て失ってしまいました。それでもヨルグ選手は、無交換でグリップが落ちたタイヤで奮闘。13位完走でレースを終えました。

タイヤ無交換作戦でトップを維持するが
終盤の争いで2位フィニッシュ。

高木 真一選手のドライビングでスタートを切ったNo.55 ARTA BMW M6 GT3。タイヤ無交換の作戦を練っていた高木選手は2番手をキープしたまま周回を重ねていきました。16周目にトップに躍り出たNo.55 ARTA BMW M6 GT3は、31周目にピットイン。ピットインしショーン・ウォーキンショー選手に代わった後も1番手をキープしたまま周回を重ねました。しかし終盤、背後に迫った2番手のマシンにトップの座を受け渡してしまい、2位でレースを終えました。

2017年シーズン全8戦を戦い抜いたBMW M6 GT3は、ときにトラブルやアクシデントに苦しみながらも、その速さと走りで私たちを魅了してくれました。来年も応援をよろしくお願いいたします。

道半ばではあるけれど
MW M6 GT3としては確実に進化した1年。

ヨルグ・ミューラー選手
「今日はベストなリザルトではないけれど、このチームのメンバーはとても素晴らしく、今シーズンは日本でのレースをとても楽しめたよ。来年もまた日本で戦って、チャンピオンシップを狙いたいね」

荒 聖治選手
「思うようにペースが上がらず、悔しいレースになってしまいました。シーズンを通して表彰台に上がることが出来ず、厳しい一年だったと思います。とは言え、この素晴らしいチームと一緒に走れて、充実した1年を送ることができ感謝しています」

鈴木 康昭チーム監督
「思うようにペースが上がらず、悔しいレースになってしまいました。シーズンを通して表彰台に上がることが出来ず、厳しい一年だったと思います。とは言え、この素晴らしいチームと一緒に走れて、充実した1年を送ることができ感謝しています」

BMW Team Studie Official Club開設。

ファンが待ち望んだ公式クラブの開設。入会するとチームのイベントに参加できたり、限定品の2016 SUPER-GT BMW Team Studie M6 GT3 1/43 Modelなどを手に入れることができます。現在、クラブでは会員を募集中。詳しくは下記URLへアクセスしてください。

BMW Team Studie Official Clubはこちらから

http://teamstudie.jp/official-club/
  • BMW Team Studie Official Club
  • Offical Club

    Official Club Strap & Pass Card