Blancpain GT Series AsiaBMW Team Studie 体制発表会

BMW Team Studie、
新たな戦いの舞台は、アジアへ。

飽くなき挑戦者として。BMW Team Studie体制発表。

3月12日(月)。雲ひとつない晴天のお台場、BMW GROUP Tokyo Bayにて、アジア唯一のBMW Motorsportオフィシャルチーム、BMW Team Studieが2018年シーズンの体制発表を行った。
今シーズン最大のトピックスは、2008年から10シーズン参戦を続けたSUPER GTでの経験を礎に、新たな舞台での戦いに挑むこと。今シーズン、チームは2017年にスタートしたBlancpain GTシリーズ・アジアに、ゼッケン81号車・82号車の2台体制で参戦する。

日本初のフルタイムエントラント。その矜持と覚悟。

Blancpain GTシリーズ・アジアは、GT3とGT4の2つのクラスが設けられており、2018年からはそれぞれのクラスが独立したレースを戦う。BMW Team StudieはGT4クラスに、1月のドバイ24時間でレースデビューを遂げたBMW M4 GT4を擁し参戦。同シリーズにおける、日本で最初のフルタイムエントラントとなる。
チームを率いる鈴木康昭監督は、参戦理由について次のように語った。
「日本ではまだ聞き慣れないFIA GT4カテゴリーですが、欧米などでは、その市販車に近いスタイルと多くのドライバーが参加できる点から、すでにGT3に迫る人気カテゴリーとなっており、今後のレースシーンで“メジャープレイヤー”になることが約束されています。そのGT4というカテゴリーに、アジアでいちばんの先進国である日本から、どこよりも早く本格参入したいとの思いから、挑戦を決意しました。」

未知なるポテンシャルを秘めた、ドライバーとマシン。

そして、これまで明かされていなかったドライバー・ラインアップが発表された。
No.81を駆るのは、SUPER GTの前身である全日本GT選手権やスーパー耐久シリーズなど、数々のGTレースで数々の優勝・入賞経験がある木下隆之選手と砂子塾長選手。GT4クラスに起用するドライバーとしては十分以上の実績を誇る、経験豊かなベテラン同士がコンビを組んだ。一方のNo.82には、アジア圏で豊富なレース経験を誇り、ビジネスマン・作家としても活躍する異色の実力派、浦田健選手と、幼い頃からアジアで確かなキャリアを築いてきた台湾のホープ、エヴァン・チン選手が乗り込む。
報道関係者が注目する中、ドライバー自らの手によってNo.81とNo.82の2台のStudie BMW M4 GT4がアンヴェール。その全貌が明らかとなった。
改造範囲が狭いGT4クラスでは、マシンの素性とその性能を極限まで引き出すドライバーの力量が試される。チームとともにアジアを転戦する4人のドライバーの奮闘にも、大いにエールを贈りたい。

目指すはデビュー・ウィン。そして、チャンピオン。

最新鋭のマシンと気鋭のドライバーを迎え入れ、新たなチャレンジをスタートさせたBMW Team Studie。Blancpain GTシリーズ・アジアの開幕戦と第2戦は、4月14日(土)・15日(日)、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで開催される。日本からアジアへ。その戦いは、今、始まったばかりだ。

BMW Team Studie Official Club開設。

ファンが待ち望んだ公式クラブの開設。入会するとチームのイベントに参加できたり、限定品の2016 SUPER-GT BMW Team Studie M6 GT3 1/43 Modelなどを手に入れることができます。現在、クラブでは会員を募集中。詳しくは下記URLへアクセスしてください。

BMW Team Studie Official Clubはこちらから

http://teamstudie.jp/official-club/
  • BMW Team Studie Official Club
  • Offical Club

    Official Club Strap & Pass Card