SUPER GT
GT300 Class
Round 4 Chang SUPER GT RACE

SUPER GT第4戦。速さを見せ表彰台に迫るも、
最後まで異国の暑さに苦しめられたタイ・ラウンド。

その雨は、恵みとなるか。南国の洗礼から始まったタイでの戦い。

6月30日(土)午後。タイ、ブリーラム県にあるチャーン・インターナショナル・サーキットのガレージで、ARTA BMW M6 GT3のドライバー、ショーン・ウォーキンショーは空を仰ぎ、雨を願っていた。ドライ・コンディションで行われた午前中の公式練習でのドライブではいまひとつ調子が上がらず、セットも合わせきれていないように感じていたからだ。灼熱のタイ。ただでさえマシンには辛いコンディションであるうえに、ARTA BMW M6 GT3には、GT300クラス中最も重い52kgのハンディ・ウェイトが積まれている。そのような状況を考え合わせても、昨年のレースのデータが活きるウェット・コンディションを待ち望んでいたのだ。
Q1開始時刻の15時が近づくにつれ、空の果てから雲が湧き出してくる。みるみるうちに周囲は暗くなり、粒の大きな雨が激しくアスファルトを打った。Q1開始直前に降り始めたこのスコールのため、15分間のディレイが宣言された。待ち望んだ雨を確認すると、ショーンはゆっくりとガレージの奥へと引き返し、Q1への準備を始めた。

天に続き、運も味方した予選。最終的に3番手へと滑り込む。

スコールはあっという間に去ってゆき、Q1が始まる頃にはもう雨は上がっていた。しかし、路面上は完全なウェット・コンディション。ショーン選手はマシンに乗り込むと、15分間のセッション開始と同時にコースへと打って出ていった。激しく水煙を上げながら、レイン・タイヤに熱を入れる。徐々に路面上の水量は減り、ハーフ・ウェットに近い微妙なコンディションへと変化していく。より溝の浅いタイヤへの交換という選択を採るチームも出るが、ショーン選手は最初のタイヤのまま、残り5分のタイミングでアタックへと入る。他車もタイム・アップを果たすなか、ラスト・アタックで1分42秒442を記録し4番手へジャンプ・アップ。見事にQ2へと進出を果たした。
GT500クラスの走行を挟んでのQ2。わずかな時間の差だが、路面状況は刻々と変化する。Q2を担当する高木真一選手は、GT500クラスのマシンの公式練習とQ1のタイム差をチーム・スタッフに確認。微妙なコース・コンディションの変化をなんとか知ろうと懸命になっていた。エンジニアは午前中のドライ・コンディションでのセットをベースに調整し、高木選手をコースへと送り出す。どのチームもセットに苦心しているのか、コース上にペースの上がらない車両が散在するなかでクリア・ラップを取ることができず、なかなか良いタイムが出ない。セッション終盤のアタックで1分32秒845を出し5番手に飛び込むも、そこまでが精一杯だった。しかし、予選後の車検で上位2台に失格の裁定が下ったことで、決勝は3番グリッドからのスタートとなった。

ショーン・ウォーキンショー選手コメント:
「予選はそれほど悪くなかったかな。タイヤを暖めるのに苦労したけど、クルマ自体はとても速かったです。ドライ・コンディションだと少しコントロールが難しいなか、高木サンが素晴らしい走りをしてくれました。明日は表彰台を目指して頑張ります。」

高木真一選手コメント:
「去年と同じコンディションで、クルマのセットが悪くないということを、ショーンがQ1で証明してくれました。Q2はドライになり、気温などの問題もあり若干コントロールが難しかったものの、チャンピオンシップを考えると最低限のポジションは確保できたと思います。明日は表彰台を狙います。」

安藤博之エンジニアコメント:
「Q1は雨でしたが、昨年のウェットのデータがあったので、それを参考にしてショーンにアタックしてもらいました。Q2は午前のセットをベースにしましたが、雨上がりなのでそれに合わせて多少変更を加えました。どちらのセッションも良いパフォーマンスを引き出すことができたと思います。昨年のレースもペースは悪くなかったので、上位に入れるよう準備したいです。」

残り3周まで2位。酷暑のなか、手中からこぼれ落ちていったポディウム。

トップも狙える位置からの戦いとなる決勝。7月1日(日)は、前日とはうって変わって快晴。南国の太陽が路面を焦がすコンディションの下で迎えた。決勝直前のウォーム・アップ走行では、気温が高かったにも関わらずタイヤのコンディションが予想外に良く、レースへの期待が持たれた。しかしその一方でマシンのエアコンの調子が悪く、一抹の不安をも抱えながらのスタートとなった。
スタート・ドライバーは高木選手。スムーズな走り出しから、1周目に1台をパスし2位に浮上。さらにトップを餌食にしようと果敢に攻めてゆくが、横に並ぶところまでは行くものの攻めきれずにいると、背後から3位のマシンが肉薄。トップ3が一団となり、三つ巴のバトルが勃発した。この戦いは21周目にトップのマシンがピット・インするまで長く続いたが、高木選手は集中力を切らすことなくクレバーなドライビングを見せ、ポジションをキープ。29周目にピットへと向かい、ショーン選手にステアリングを託した。この時点で既にエアコンは故障してしまっており、ドライビング環境は過酷なものとなっていた。
ARTA BMW M6 GT3は9位でコースへと復帰。エアコンが機能しない状況にも関わらず、ショーン選手はアグレッシブなラップを重ね、32周目には高木選手のベスト・タイムを更新。速いペースで前を走るマシンを追った。ほとんどの車両がピット・ストップを終えた44周目には2位にまで順位を回復。ショーン選手は自己ベスト更新を重ねながら、トップのマシンよりも速いペースで、前方との6秒の差を縮めにかかる。しかし、この攻めの姿勢が結果として仇となってしまう。レースが残り4周を切ったころから、後続との差が急速に詰まりだす。コーナリングを見ても、タイヤが限界に近づいていることは明らかだった。そして残り3周、コーナーで3位のマシンと交錯した次の瞬間、左のリア・タイヤが悲鳴をあげた。スロー・パンクチャーを起こしたタイヤは白煙を上げ、マシンは戦闘力を失ってゆく。ピット・ロードまでの距離が短かったのがせめてもの救いだったが、2度目のピット・ストップの影響は大きく、ポイント圏外の11位まで大幅にポジション・ダウン。もはや挽回の時間も残されてはおらず、そのままの順位でレースを終えることとなった。

安藤博之エンジニアコメント:
「昨日のドライ・セットに加え、午前中のウォームアップではマシンのコンディションとタイヤの状態も非常に良かったため、そこを生かして決勝に向けアジャストしていきました。手応えのあるレースで、終盤までトップ・グループで走行することができました。最終的には11位という結果でしたが、パフォーマンスは示すことができたと思います。次戦は挽回したいです。」

土屋圭市エグゼクティブ・アドバイザーコメント:
「速さも作戦も完璧だったね。2人のドライバーは集中力を切らすことなく頑張ってくれた。最後にトラブルがあって結果的にポイントは獲れなかったけど、クルマのパフォーマンスは良かったので、次の富士では前へ行きたいね。」

そして舞台は、再びの“マイ・フェイバリット・コース”へ。

エアコンの効かない車内で奮闘を続けた高木選手とショーン選手はともに疲労困憊。レース後にコメントを取ることはできなかった。だが、そんな状況下でも攻め続けた2人のドライバーの精神力に、心からの賛辞を送りたい。
そして、シリーズは再び日本へ。完勝も記憶に新しい、富士スピードウェイでの今季2戦目となる。52kgのハンディ・ウェイトに加え500マイル(約805km)という長丁場と、前回のレースとは異なる点もあるが、ARTA BMW M6 GT3が得意中の得意とするコースであることは間違いない。8月4日(土)・5日(日)に、いったいどんなドラマが待っているのか。2度目の歓喜を期待しつつ、熱き真夏の祭典が、今から待ち遠しい。